ミッションインポッシブル1が難しい!あらすじ・ストーリー解説&考察

ミッションインポッシブル1が難しい!あらすじ・ストーリー解説&考察

映画『ミッションインポッシブル1』(1996年公開)は、アメリカのスパイアクション映画として知られる作品で、トム・クルーズが主演を務めています。

久しぶりに『ミッションインポッシブル』を見てみましたが、私には内容が難しくて一度に理解できませんでした。

物語は複雑で、何度か観ないと全体を把握するのが難しいかもしれません。

映画『ミッションインポッシブル』第1作(1996年)のあらすじ・ストーリーをネタバレありで徹底解説します。




『ミッションインポッシブル1』が難しい!あらすじ・ストーリー解説&考察

『ミッションインポッシブル』は、アメリカの人気テレビ番組の映画化。

映画の主人公イーサン・ハント(トム・クルーズ)はCIAの極秘任務を担当する組織「IMF」(Impossible Mission Force)のエージェントです。

物語は、イーサンが裏切り者に濡れ衣を着せられ、真犯人を探し出すため難易度の高い任務に立ち向かっていきます。

トム・クルーズの体を張ったアクションシーンがかっこよく、ハラハラドキドキで目が離せません。

ミッション中に仲間が亡くなったり、実は生きていることが発覚したり…

どの人が味方で、どの人が敵なのか、私は最初は見ていて意味がわからなくなっていきました

複雑なストーリーがテンポよく進み、細かな部分が一度見ただけでは理解できなくて難しいと感じられるかもしれません。

そこで『ミッションインポッシブル1』のあらすじ・ストーリーをネタバレありで詳しく解説していきます。

同じように『ミッションインポッシブル』って難しいと感じた方や、新シリーズを見る際の参考になれば嬉しいです。

それでは見ていきましょう。

『ミッションインポッシブル1』冒頭のミッション

極秘任務組織「IMF」のボスであるジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)は、飛行機の中で乗務員に渡されたビデオテープを再生し、次の任務の内容を知ります。

そのミッションは、東欧の秘密工作員のリスト「NOCリスト」を盗んだプラハの米大使館員ゴリツィンとその取引相手を捕まえることでした。

そのビデオは、聴き終わるとすぐに自動的に消去されました。

「NOC」には、コードネームのリストと、本名が記載されたリストの2種類があり、両方がなければ使えません。コードネームのリストをすでに入手したゴリツィンは、もう片方のリストを盗むため、翌日、大使館のパーティーに現れることになっていたのです。

このミッションだけなら、まだ難易度がそれほど高いとは感じられないと思います。

ジム・フェルプス率いるIMFチームメンバーは、
リーダーのイーサン・ハント(トム・クルーズ)、ハッカーのジャック(エミリオ・エステヴェス)、工作員のサラ(クリスティン・スコット・トーマス)、監視役のハンナ(インゲボーガ・ダプクテイナ)、ジムの妻クレア(エマニュエル・ベアール)
です。



『ミッションインポッシブル1』ミッションの失敗とチームの壊滅

イーサン・ハント含むIMFチームメンバーは、アメリカ外交官ゴリツィンが、NOCリスト(東欧のスパイリスト)を盗むのを目撃し、阻止しようとします。

しかし、チームメンバーもゴリツィンも次々と殺され、ゴリツィンが持っていたNOCリストも奪われてしまいます。

そしてーサンだけが生き残ります

仲間を全て失ったイーサンは、パーティー会場に他の工作員がいたことを目撃しており観察力はさすがだと思います。

 

『ミッションインポッシブル1』裏切りの疑い

作戦に失敗したイーサンは、CIAでIMF監督官のユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェーニー)に会います

キトリッジから、今回の作戦は、偽のNOCリストを使って、IMFに侵入しているモグラ(裏切り者)をおびき出すための「JOB(ヨブ)3-14」という作戦だったと知らされます。

本物のリストはバージニアにあるCIA本部にあるといいます。

そして、生き残ったイーサンは裏切り者だと疑われてしまいます

仲間を失いショックな上に、罠にはめられ犯人扱いされたイーサンがどうなってしまうのか気になります。

 

『ミッションインポッシブル1』イーサンの逃亡

事態を察したイーサンは、大胆にも巨大な水槽を爆破して、見事にCIAから逃亡します。そして、真の裏切り者を見つけて自分の無実を証明するために、独自に調査を開始します。

イーサンが真の裏切り者を見つけていくことこそが、この映画の真のミッションとなっているんですね。



『ミッションインポッシブル1』マックスとの接触

イーサンは、作戦名「JOB3.14」が聖書の一節であることに気付き、「ヨブ(JOB)」が真犯人のコードネームだと確信します。

そして、ヨブが「NOCリスト」の取引をしていた武器商人「マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)」に接触し、手に入れたNOCリストは偽物だったと伝えます。

そして、イーサンはマックスと本物のNOCリストを1000万ドルで取引することを約束し、ヨブにその取引情報を流すようにマックスに伝えます

真犯人と思われるヨブに取引情報を自らバラしたのは、イーサンの作戦だったのだと私は考えます。

『ミッションインポッシブル1』クレアとの再会

イーサンがプラハのIMFの隠れ家に帰ると、ミッションで死んだはずのジム・フェルプスの妻クレアが現れました

クレアはジムの仇を討つためイーサンに協力を申し出ます。

イーサンはマックスとの契約の前金を使って、CIAを解雇された天才ハッカーのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)パイロットのフランツ・クリーガー(ジャン・レノ)を仲間に加えて、新チームを編成します。

死んだはずのクレアが生きていたのだから、ちょっと怪しいなと私は思いました。

イーサンは突然現れたクレアを疑うものの、証拠がないため再び仲間になったのかもしれませんね。



『ミッションインポッシブル1』CIA本部への侵入

イーサンは仲間とともに、CIA本部に侵入してNOCリストを盗み出すという大胆な作戦を実行します。

この有名なシーンでは、イーサンがワイヤーで宙吊りになりながらセンサーを避けて侵入する様子が描かれています。

個人的に、手に汗を握るほど緊張感いっぱいのシーンでした。

イーサンたちは、NOCリストを見事に盗み出し、ロンドンへと逃亡します。

「やった!」と思ったのもつかの間、キトリッジはイーサンの母親と叔父を嘘の罪で逮捕し、イーサンをおびき寄せようとしたのです。

イーサンはわざと電話をかけて、逆探知によって居場所を知らせます。

そこへ、なんと、亡くなったはずのジム・フェルプスが現れます

驚くイーサンに、ジムはキトリッジこそがモグラ(裏切り者)のヨブだと言います。

イーサンは作戦前の出来事を思い出し、ジムこそがモグラだと疑惑を持ちます

亡くなったはずのジムがなぜ生きてるの?と私は不思議に思いました。

大使館で仲間がなくなったのも、ジムとクレアが犯人だとすれば辻褄が合うし、2人に疑惑を持つのも納得ですね。



『ミッションインポッシブル1』マックスとの列車内の取引

マックスとイーサンは、ロンドンからパリに向かうTGV特急列車内で会う約束をし、クレアとルーサーがバックアップにつきます。

実は、イーサン・ハントからTGVのチケットと時計型のビデオ視聴機を受け取ったキトリッジも密かに同乗していました。

真犯人ヨブは現れるのか、とても気になるところです。

電車の中で、イーサンはマックスにNOCリストを渡し、マックスは取引のお金を置いてある荷物列車に行けば、ヨブも現れるだろうと告げます

マックスは NOCリストをサーバーに送信しようとしますが、ルーサーが妨害装置を作動させて阻止します。

ハッカーのルーサーは敵ではなく仲間だったことがわかりました。

 

『ミッションインポッシブル1』裏切り者の正体

イーサンから連絡を受けたクレアが荷物列車へ移動すると、そこにはジムがおり、クレアは陰謀への自分の役割を確認します。

黙ったままの“ジム”がゆっくりとマスクを外すと、なんとイーサンでした。

そこに、本物のジムが武装して現れました。

イーサンの予想通り、裏切り者・ヨブの正体はジム・フェルプスであり、クレアと共に大使館で仲間たちを倒していました

ジムはIMFを裏切り、金銭的な利益のためにNOCリストを売ろうとしていたのです。

イーサンはメガネをかけて内蔵カメラを起動し、ジムの姿をキトリッジの時計型ビデオモニターに送信します。

ようやくイーサンの無実が証明されてよかった!と思いましたが、まだ対決は終わっていません。



『ミッションインポッシブル1』クライマックス:列車での対決

裏切者であることがばれたジムは、クレアを撃ち、イーサンを倒して、列車の屋根へ逃亡します。

そこにはヘリコプターでジムを回収しようとする、もう一人の裏切り者であるクリーガーが待っていました

まさかの仲間だと思っていたクリーガーは敵だったんですね。

なんとか立ち上がったイーサンはジムの後を追います。

ジムの脱出を妨害し、クリーガーのヘリコプターを列車につなぎ止めます。

闘いの姿勢のままトンネル内へ突入していくシーンは特に見逃せないシーンになっていると思います。

風にあおられながら列車の上での格闘の後、イーサンはジムの後を追ってヘリにしがみつき、爆発するガムをフロントガラスに貼り付けます。

ヘリの爆破によりジムとクリーガーは亡くなります。イーサンは間一髪で列車に飛び乗り、一命を取り留められて良かったと私は胸を撫でおろしました

キトリッジはマックスを逮捕し、ルーサーはIMFへの復帰が叶いました。

イーサンの無実は証明され、IMFへの信頼を取り戻します

しかし、イーサンは「スパイ稼業が嫌になった」と告げ、IMFを辞職する決意を示しました。

飛行機で帰路についたイーサンのもとに、客室乗務員が近づき、ビデオテープを渡されます。

映画のラストシーンは、イーサンに次の任務を引き受ける気があるかどうかを尋ねているようなところで終わります。



『ミッションインポッシブル1』が難しい!登場人物・キャラクター解説

イーサン・ハント(トム・クルーズ)

トム・クルーズ演じるイーサン・ハントは、IMFのエージェントで、任務の失敗後に逃亡し、真の裏切り者を追います。

イーサンのアクションシーンから目が離せませんね。

ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)

ジョン・ヴォイト演じるジム・フェルプスは、IMFの指揮官で、裏切り者。

イーサンを陥れた真犯人。

クレア・フェルプス(エマニュエル・ベアール)

エマニュエル・ベアール演じるレア・フェルプスは、ジムの妻であり、イーサンのチームのメンバー。

ユージン・キトリッジ(ヘンリー・ツェルニー)

ヘンリー・ツェルニー演じるユージン・キトリッジは、IMFの上司。

ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)

ヴィング・レイムス演じるルーサー・スティッケルは、イーサンに協力する天才ハッカー。

フランツ・クリーガー(ジャン・レノ)

ジャン・レノ演じるフランツ・クリーガーは、元CIA工作員でパイロット。

イーサンに協力するも、実は裏切り者でした。



『ミッションインポッシブル1』とは

『ミッション:インポッシブル』は、1996年に公開されたアクション・スパイ映画で、トム・クルーズが主演および製作を務めています。

この映画は、ブルース・ゲラーが制作した1960年代の人気テレビシリーズ『スパイ大作戦(Mission: Impossible)』を原作としています。

『ミッションインポッシブル1』制作背景と原作

原作: テレビシリーズ『スパイ大作戦(Mission: Impossible)』は、1966年から1973年までアメリカのCBSネットワークで放送されました。

ブルース・ゲラーが企画・制作し、IMF(Impossible Missions Force)という架空のスパイ組織の活躍を描いたシリーズです。

日本でも放送され、毎回、IMFチームが危険なミッションを遂行するというフォーマットで、多くの視聴者を魅了しました。

『ミッションインポッシブル1』映画化の動機

トム・クルーズはこのテレビシリーズの大ファンであり、自身の制作会社であるクルーズ/ワグナー・プロダクションズを通じて映画化を企画しました。

トム・クルーズはパートナーのポーラ・ワグナーと共に製作にも深く関わり、現代に合った新しいスパイ映画として再構築したんですね。

『ミッションインポッシブル1』監督とキャスト

監督: ブライアン・デ・パルマは、緊張感のあるサスペンス映画の監督として知られ、『アンタッチャブル』や『スカーフェイス』などの作品で評価を受けています。

彼の監督スタイルは、この映画の複雑なプロットと緊張感あふれるシーンにまさにぴったりですね。撮影は、スティーブン・H・ブラムが担当しています。

主演: トム・クルーズ(イーサン・ハント役)は、ハリウッドのトップスターであり、アクション映画の分野でも高い評価を受けています。

本作で彼は、主人公であるIMFエージェント、イーサン・ハントを演じ、全映画シリーズに登場しています。


『ミッションインポッシブル1』物語の設定

ストーリー

シリーズを通して描かれるのは、IMF(Impossible Mission Force)と呼ばれる架空の秘密諜報機関に所属するイーサン・ハントと仲間たちの活躍です。

彼らは、毎回不可能とも思えるようなミッションに挑み、世界を救うために奮闘します。

映画のプロット

映画版『ミッション:インポッシブル』では、イーサン・ハントが率いるIMFチームがプラハで任務を遂行しますが、裏切りにより任務は失敗し、チームメンバーは命を落とします。

イーサンは裏切り者の疑いをかけられ、自らの無実を証明するために真の裏切り者を見つけ出すというストーリーです。

『ミッションインポッシブル1』映画の特徴

アクションとスリル

映画は、ハイテクガジェットやトリックを駆使したスリリングなアクションシーンが特徴です。特に、CIA本部に侵入するシーンや高速列車の上での対決などは、映画史に残る名シーンとなっています。

原作と映画

TV版「スパイ大作戦」では、指令を録音したテープレコーダーの最後に

「例によって、君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なおこのテープは自動的に消滅する。成功を祈る」
出典:スパイ大作戦

というメッセージが流れます。

指令の再生が終わるとテープは自然発火して消滅し、再生できなくなるという有名なシーンがあります。

このシーンを本作では、テープレコーダーをビデオテープに置き換えて再現しています。

原作のファンには嬉しいポイントなんだと思います。


『ミッションインポッシブル1』音楽

映画のテーマ曲は、ラロ・シフリンが作曲したテレビシリーズのテーマ曲を基に、ロックグループ「U2」のアダム・クレイトンとラリー・ミューレンが演奏しています。

このテーマ曲は映画全体のテンションとスリルを引き立てる重要な要素です。

『ミッションインポッシブル1』作品一覧

ミッション:インポッシブル(1996)
ミッション:インポッシブル2(2000)
ミッション:インポッシブル3(2006)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)
ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)
ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(2023)
ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART TWO(2024)

『ミッション:インポッシブル』は、1960年代のクラシックなテレビシリーズを現代風にアレンジした映画で、トム・クルーズのカリスマ的な主演とブライアン・デ・パルマの緊張感あふれる演出により、大成功を収めました。

この映画はその後も続編が制作され、世界中で愛されています。



『ミッションインポッシブル1』が難しい!あらすじ・ストーリー解説&考察【まとめ】

テンポが早く登場人物も複雑で難しいと感じる『ミッションインポッシブル』第1作のあらすじ・ストーリーを徹底解説してお届けしました。

映画『ミッション:インポッシブル』は、スパイ組織内の裏切り者を探し出すイーサン・ハントの奮闘を描いたスリリングなアクション映画です。

イーサン・ハントが自らの潔白を証明し、真の裏切り者を暴くために奮闘する姿が描かれていました。

ヨブの正体はジムであり、プラハで仲間たちを裏切ったのも、全ては彼とクレア、そしてクリーガーの仕業でした。

映画の見どころは、緊張感あふれるアクションシーンやトリック、そして最後の意外な展開にあります。

この映画は、複雑なプロットと多くのキャラクターが絡み合うため、初めて見るときに内容を把握するのが難しいかもしれませんが、主要なプロットポイントを押さえることで、全体の流れを理解しやすくなると思います。

映画が難しいと感じる方や続編を見る際の参考にしていただけたら嬉しいです。

ミッション:インポッシブルシリーズは、世界中で大ヒットを記録しており、批評家からも高い評価を得ています。

アクション映画の金字塔とも称されるシリーズであり、今後も目が離せません。

トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』シリーズ第8弾の公開日が、2024年6月28日から2025年5月23日へと延期されたことが明らかになった。
出典:cinemacafe.net

2025年公開の『ミッションインポッシブル第8弾』を楽しみにしましょう。



タイトルとURLをコピーしました